森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

「思いこむ」と「考えこむ」の違い、「思い出す」と「考え出す」の違い

 

vagusnerve.hatenablog.com

 

 

vagusnerve.hatenablog.com

 

上の記事の続きです。

 

今まで、「思う」と「考える」の違いを考えてきたんですけど、どうやら、これから見ていくお題の答えを出すことが重要らしい。

 

今回のお題は

問三 「思い込む」と「考え込む」の違い

問四 「思い出す」と「考え出す」の違い

です。

 

 

「思いこむ」と「考えこむ」の違い

早速問三から始めてみます。

 

これ、結構違う気がする...!

だって、思いこんでる人はその人の「思いこみ」をペラペラしゃべりそうだけど、考えこんでる人は話しかけても答えてれなそうです。

 

思いこんいる人はすでに自分の中で答えができているけど、考えこんでいる人は自分の中で答えがまだ出ていなくて、それを導こうと奮闘しているはず。

 

思いこんでいる人はその人の「思いこみ」で頭がいっぱいだけど、考えこんでいる人は、いろんなものが頭の中をぐるぐるしている。

 

まとめると

思いこむ」とは、

 

何か頭にアイディアがあり、それを固く信じていて他のアイディアには目もくれない

 

って感じでしょう。

 

考え込む」とは、

 

何かに対して、あーでもない、こーでもない、と頭がぐるぐるしてそれが止まらない

 

という感じだと思います。

 

 

「思い出す」と「考え出す」の違い

次は問四ですね!

 

これも分かりやすい!

 僕が何かを思い出すときは記憶を掘り起こしているけれど、考え出すときは新しいアイディアを出そうとしている。

 

思い出している人は「なんだっけ、あーーーなんだっけ、えー、うーーん、あれだよ、あれ、いやー、ど忘れしたっ、うん知ってる知ってる、あー、なんだっけぇぇぇぇぇ!!!!!」

考え出している人は「何かないかな~、いい考え、ないかなぁ~。意外性があって新規性があって、でも現実的で...なんかないかな~。もう一歩、もう一歩のところでひらめきそうな、ひらめかないような、、、アイディアはのどまできているんだよ! ううう、ぐるじぃぃ。」

 

思い出した人は「すっきりしたぁ~~」

考え出した人は「これはノーベル賞級。私はとんでもないことを考え出してしまった。」

 

まとめると

思い出す」とは、

 

記憶の中から必要なことをよみがえらせること

 

かな。

 

考え出す」とは、

 

考えをめぐらせた結果、新しいアイディアを作ること

 

でしょうか。

 

ちなみに、「思い始める」とか「考え始める」っていう解釈の仕方もあったけど、めんどくさいのでこれは考えません。ごめんなさいね!

 

「思う」と「考える」

 もう、この先は僕の日本語力ではどうしようもないので、本に書いてあったことを簡単にまとめてみます!

大野晋『日本語練習帳』岩波書店 1999年 p.7,8)

 

「考える」の語源

本当になんとなくですが、「思う」よりも「考える」から先に書かせてもらいます。

 

考える」という言葉をさかのぼると、

 

「刑罰を決めること」という使い方をされているそうです。

 

もとの形は「かむがへる」で、

 

「かむがえる」の「」は「」とか「」を意味し、

 

「かむがえる」の「むがへる」は「向き合わせる」ことを意味するそうです。

 

犯罪者のやった「事」が法律のどの条文に当たるのか「向き合わせる」、ということです。

 

戸籍帳の記載と実際の土地と突き合わせて調べることも「かむがふ」だったそうです。

 

つまり、「考える」は語源的には「事実を突き合わせてしらべる」ことになります。

 

「考える」とは

 前回記事にこう書きました。

 

つまり、あーでもない、こーでもない、とうんうん唸ることが考える行為そのものなのでしょう。

 

もう少し具体的に書くと、検証や検討をする過程、と考えられます。

 

これはいい線行ってるんじゃないですか?

 

これ、絶対いい線行ってるんじゃない!?

 

文学のなかでの「思う」

古い文学で「思ふ」とは「言葉には出せないけど好き!」という恋心を意味したらしいです。

 

心の中には「ある一人の人の姿」しか見えない。好き。でも言葉に出せない。伝えられない。

 

こういう甘酸っぱい言葉だったのです。

 

「思う」とは

今もさっき書いたような意味はあるでしょう。

 

でも、もっと意味が広そうです。

 

それで僕は、

 

思う」とは、自分の中に何らかの概念があって、それが変わらず心の中にあること

 

だと考えました。

 

これも結構いいんじゃないかな(笑)

 

 

まとめ

  • 思う」とは自分の中に何らかの概念があって、それが変わらず心の中にあること
  • 考える」とはあれこれ検証や検討をすること

 

終わります!

 

2017/5/19 森見ますお