森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

【富士そば】煮干しラーメンを食べた

f:id:vagusnerve:20171127184900j:plain

最近、富士そばが「煮干しラーメン」に力を入れているようなので、食べてみた。

 

ちなみに、提供店舗が限られているらしく、食べたい人はお気を付けを。

fujisoba.co.jp

 

じゃ、早速書いていきますね~

 

早い!

嫁に料理をさせておいて、出来るまでの時間を計っていじめる姑のように、食券を渡してから煮干しラーメンが出てくるまでの時間を計ってみた。

 

なんと1分35秒!

 

は、早い...

 

まさに谷川浩司の『光速の寄せ』であります。

 

 

麺類業界のファストフードこと富士そばのスピード感には、舌を巻くばかりだ。

 

富士そばを嘗めていたがために、店主に

 

「三分間待ってやる」

 

と猶予を与えてしまったが最後。

 

谷川浩司の寄せのごとく、息をする間もなくラーメンを提供されてしまう

 

本当は三分も待っていない」とかいう言い訳は通用しないのだ。

 

 

煮干しが効いたスープが旨い!

f:id:vagusnerve:20171127194346j:plain

 

話の収拾がつかなくなったので、とりあえず画像を貼ってみた。

 

スープは煮干しが非常に良く効いている

 

味は濃いめだが、さっぱり系。

 

腎臓への負担など忘れ、僕はスープを飲み切ってしまった

 

 

胡椒をかけるのがおすすめ

しかし、若干パンチが足りない感も否めない。

 

そこで、胡椒をかけることがおすすめである。

 

胡椒は提供口にしか置いていないので、注意が必要だ。

 

自席に座ってから気づくのでは、再び提供口に戻ってからかけなければいけないので、少し恥ずかしい思いをする。

 

もちろん、胡椒は目にかけてはならない

 

「目がぁ~、目がぁぁぁぁ~」

 

となってしまうからだ。

 

早くて安くて、胡椒をかければ美味しい

総合的に見て、素晴らしい。

 

味に関しては、「画竜点睛を欠く」感も否めないが、胡椒のパンチでカバー可能である。

 

そんなことよりも、早さと450円という安さが重要だ。

 

この早さと安さで、これだけの味があれば文句は言えないだろう。

 

これからさらに寒くなる季節、この煮干しラーメンを疲れた日の帰り道にふらりと寄って食べたくなると思う。

 

皆さんもいかがだろうか。