森見ますお百貨店

もりブログ

狂ブログ

お薬で早口言葉3選!

今日お薬の勉強をしていたのですが、超読みにくいお薬がいくつかあるんですね。

 

ということで、何の脈絡もありませんが早口言葉を開発しました。ご査収下さい。

 

第3位 リツキシマブ セツキシマブ スニチニブ

「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙」からインスピレーションを受けました。

 

それでは3回連続唱えてみましょー!

 

「リツキシマブ セツキシマブ スニチニブ リツキシマブ セツキシマブ スニチニブ リツキシマブ セツキシマブ スニチニブ」

 

言えましたかー? 原作よりも難しい自信があるのですがいかがでしょうか(笑)

 

ちなみに...何のお薬なの? という方のために

一応何のお薬か書きますね! この三つはすべて「分子標的薬」という種類に属すお薬です。

リツキシマブ

リツキシマブは白血球の一種であるリンパ球ががん化してしまった「悪性リンパ腫」に使うお薬です。

セツキシマブ

セツキシマブは手術では治らない大腸がんに用いるお薬です。

スニチニブ

スニチニブは転移のある腎臓がんなどの治療に用いるお薬です

 

 

第2位 東京ニボルマブ許可局

東京特許許可局」からインスピレーションを受けました、って明らか過ぎるわっ!

 

「そんな所あるわけねーだろバーカ!」という声が聞こえてきそうですが、「東京特許許可局」だって実際は存在しないんだぞぉ!

 

有るとか無いとか、正直どーでもいいから、とにかく3回連続唱えてみましょううう!

 

「東京ニボルマブ許可局 東京ニボルマブ許可局 東京ニボルマブ許可局」

 

中々難しいでしょう。

 

ニボルマブは、オプジーボのことです。

gendai.ismedia.jp

 

オプジーボ」の成分が「ニボルマブ」です。この「オプジーボ」というお薬は議論を招いています。なぜならば値段が超高いからです!

 

オプジーボは一回飲むだけで133万円!!!

リンクに貼ったニュース記事によれば、オプジーボ一回飲むごとに133万円相当らしいです。私たちは風邪をひいたとき、軽い気持ちで錠剤を飲むと思いますが、オプジーボの場合はそうはいきません。一回分の何粒かを飲むだけで133万円。つまり、133万円を飲むということになります。ひえぇぇぇぇ・・・・・・・手が震えそうです。

 

国の健康保険を圧迫するかも?

記事にもありますが、オプジーボは認可されたために、国がその費用のほとんどを負担します。だから議論を呼ぶ。

 

この早口言葉、含蓄あるんですよ。。。

 

 

第一位 生イブリツモマブチウキセタン 生ゲムツヅマブオゾガマイシン 生たまご

「生麦生米生卵」からインスピレーションを受けました。堂々の第一位です。

 

それでは3回がんばりましょ!

 

「生イブリツモマブチウキセタン 生ゲムツヅマブオゾガマイシン 生たまご 生イブリツモマブチウキセタン 生ゲムツヅマブオゾガマイシン 生たまご 生イブリツモマブチウキセタン 生ゲムツヅマブオゾガマイシン 生たまご」

 

この二つのお薬、流石に読みにくすぎます。。。

 

やはりこれらも「分子標的薬」

分子標的薬はとにかく意味の分からない発音の難しさをほこりますから、勉強するほうは参っちゃいますね。

 

イブリツモマブチウキセタン

これはリツキシマブと同様に悪性リンパ腫に用いるお薬です。

ゲツツヅマブオゾガマイシン

白血病の治療に用いるお薬です。

 

周りの人と一緒に頑張ってみて下さい。薬の名前も覚えてね。

以上。本当にどうでもいい話で、すみまてんでちたぁ

広告を非表示にする