森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

満員電車で出来ることは、ふくらはぎを鍛えることくらいだ。

満員電車は人生で最も無駄な時間と言っても言い過ぎではない。

 

満員電車は

 

  • 痛い
  • 動けない
  • 臭い
  • 疲れる
  • 本が読めない
  • スマホすらできない
  • 痴漢冤罪
  • 痴漢される(男)

 

などに代表されるように、満員電車はこの世の害

 

唯一発見した満員電車の利点

唯一できることとして最近発見したことは、

 

ふくらはぎの筋肉を効率よく鍛えることができる

 

ということだ。

 

それだけなのか?

 

それだけである。(異論は認める)

 

 

具体的方法を説明する。

 

乗車時はつま先立ちで

一般的に満員電車では、ドアが閉まるとあなたの位置が物理学的に決定される

 

この決定において最も大事なのは、「足の位置の決定」と言ってもいいだろう。

 

一旦決定された足の位置は次の駅まで変更不可能だ。

 

この原理を利用する。

 

いざ満員電車の車内に突撃! となったときにつま先立ちで入場

 

これだけである。

 

ドアが閉まると、たちまち足の位置が確定するが、つま先立ちで入場した場合、あなたにはつま先立ち分の面積しか与えられない。

 

この状況でかかとをつくわけには行かない。

 

他のお客さんの足を踏んでしまって、トラブルに発展する可能性があるからだ。

 

だから、あなたは次の駅に着くまで、つま先立ちを維持しなければならない

 

これが相当なトレーニングになる。

 

ちなみに、鍛えられる筋肉はふくらはぎの筋肉である「腓腹筋(gastrocnemius)」である。

 

f:id:vagusnerve:20180129021744p:plain

引用元:Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%93%E8%85%B9%E7%AD%8B

 

 

筋トレは自分を追い込むことが重要

筋トレは自分を限界まで追い込むことが重要だ。

 

しかし、人間とは自分に甘いもの。

 

自分だけでトレーニングしようとすると、どうしても限界を迎える前に甘えてしまう。

 

一方、満員電車トレーニングは違う。

 

一瞬の甘えが車内トラブルを招く。

 

そんな状況だからこそ、自分を限界まで追い込まざるを得ないのだ。

 

結論であるが、満員電車はクソ

書いていて率直に思ったことだが、満員電車はやはりクソ

 

腓腹筋なんて別に鍛えなくてもいいだろw

 

こちらからは以上。