森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

何度も失敗を繰り返す人の特徴と心理

f:id:vagusnerve:20171116183042j:plain

 

 

何度も失敗を繰り返してしまう人がいます。

 

あなたの周りにもいると思いますし、このページに行きついたあなた自身が悩んでいることかもしれません。

 

この記事は、「何度も失敗を繰り返す人の特徴・心理」をお伝えすることを目標としています。

 

それでは、順にみていきましょう。

 

失敗を後悔して反省をしない

反省をするかしないか、これが「失敗を繰り返す人」と「失敗を繰り返さない人の違い」です。

 

「自分は反省しているつもりなのに...」

 

失敗を繰り返す人が必ず言うことです。

 

しかし、その実情は「後悔しているだけ」のことが多いです。

 

どういうことか?

 

まず、「後悔」と「反省」を分けて考えなければなりません

 

  • 後悔は過去を見て終わり
  • 反省は過去を見た後に未来につなげる

 

という違いがあります。

 

「自分は反省しているつもりなのに...」

 

という人の多くは、「後悔」のことを「反省」と勘違いしています

 

「自分が悪かった...」と認識するだけで、「反省した」と勘違いする。

 

というか、「反省した」と思いたいだけなのですね。

 

しかし、これは未来につながらないために、「後悔」の領域を脱出できません。

 

「自分は〇〇をしていなかった。だから失敗した。」とちゃんと分析し、次につなげる糸口をつかんで初めて「反省」と言えるのです。

 

これが分かっていない人は、失敗を繰り返します。

 

反省しても改善しない

先ほどよりは軽症の状態です。

 

反省は出来ていても、「改善」という行動に出ない人は失敗を繰り返します

 

論語』にこんな一節がありました。

 

子曰わく、

「過まって改めざる、是れを過まちと謂う」

(しいわく、「あやまってあらためざる、これをあやまちという」)

 

訳:先生がいわれた。「過ちをしても改めない、これを本当の過ちという」

 『論語』齋藤孝訳

 

 

孔子様、ありがとう。その言葉をそっくりいただきます。

 

失敗をしても「改善」をしないことこそが、本当の失敗です。

 

失敗して改善しない、これは大変もったいないことなのです。

 

 

「失敗した場合の対処」を考えていない

「失敗を繰り返さない人」は、計画段階で失敗した時の対処法を考えています。

 

物事は計画通りにいくとは限りません。

 

ですから、計画通りにいかない場合の対処法をあらかじめ考えておくと、いざという時に早く対処できます。

 

早く対処できれば、少ないダメージで済み、スムーズに次のチャレンジに移行できます。

 

しかし、「失敗を繰り返す人」は失敗した時の対処法をあらかじめ考えないので、いざという時に対応が遅れたりパニックになったりします。

 

対応の遅れやパニックは、失敗によるダメージを大きくし、失敗の連鎖を呼び寄せます

 

そもそも、「失敗を繰り返す人」の心理として、「失敗した自分と向き合いたくない」というものがあります。

 

これにより、「失敗した自分」をシュミレーションして対処法を考える作業が苦痛に感じます

 

ですから、「失敗を繰り返す人」はこの心理を克服する必要があるのだと思います。

 

 

反省と改善をする、失敗時の対処を考える

記事のまとめです。

 

「何度も失敗を繰り返す人の特徴と心理」

 

  • 後悔して反省しない
  • 反省はするが改善をしない
  • あらかじめ失敗時の対処を考えていない

 

もし「失敗を繰り返さない人」になりたければ、真逆のことをすればよいのです。

 

  • 後悔をそこそこ、しっかりと反省をする
  • 反省を改善に結びつける
  • あらかじめ失敗した場合の対処法を考えておく

 

以上です。

 

この記事がお役に立てたのならば幸いです。

 

参考文献