森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

『陽気なギャングが地球を回す』が知的すぎてinteresting!!

最近読んだ小説、伊坂幸太郎著のベストセラー『陽気なギャングが地球を回す』が超おすすめなので、その良さを伝えたいと思います!

 

 

良さ1:主人公のセリフが知的

とにかくセリフが知的で面白い!

 

主人公は4人組の銀行強盗なのですが、その中に、響野という演説の名人がいました。

 

その響野が、強盗に怯える銀行のお客さんになぜか演説を始める場面で、

 

「なめくじにも記憶があることはご存知でしょうか?」

 

と口火を切る。

 

僕もついつい「おや?」と、興味をそそられてしまいました。

 

この後、響野は

 

「記憶には手続き記憶、意味記憶エピソード記憶の三種類があるのは有名ですね。まず手続き記憶ですが、これは簡単に言ってしまえば、『自転車の乗り方』です。・・・」

 

と続けるのです。

 

小説を楽しんでいるうちに、記憶について知識を得ることができて、すごく得をした気分でした(笑)

 

というか、伊坂幸太郎はどんだけ物知りなんだ、というね。

 

どんだけ~

 

 

良さ2:主人公同士の会話も知的過ぎる

この小説を読んでいて、「こんな会話ができたら人生楽しいだろうな...」と何度も思いました。

 

例えば、ニュージーランドの話になった場面があります。

 

「これが終わったら、ニュージーランドに行くんだ」久遠が嬉しそうに声を上げている。

「また行くのか」助手席の成瀬が苦笑する。

「行くよ。いいところなんだよ。羊は多いしさ」

「羊の肉はうまいか?」と響野。

「食うことばかり考える人は、羊に食べられればいいんだ」久遠が不服そうに言う。

「羊は草食だろうが」

「とにかくさ、あそこはゆったりした国なんだ。同じ島国なのに日本とはずいぶん違う。そう言えば、もともとニュージーランドには鳥類と蝙蝠とトカゲしかいなかったんだってさ。平和な島だったんだよ。鳥と蝙蝠とトカゲだよ? 干支を作るにも作れないよ。平和だから、飛べない鳥が多いし」

「外から人間が動物を持ち込んだんだな。生態系というのは人によって壊される」成瀬は苦々しそうに言う。

 

なんて知的で面白い会話なんだ! と思いました。

 

とにかく作品中の会話はこのような調子で続き、読む人を飽きさせません。

 

それと同時に、日頃こんな会話をしたいな、という目標までできてしまう(笑)

 

だって、「食うことばかり考える人は、羊に食べられればいいんだ」という発言に対して、「羊は草食だろうが」と即座にツッコミを入れられるようになりたいですもん。

 

 

良さ3:ダイナミックな展開

あらすじの話を全くしていませんでしたが、とにかくもの凄いスピードで話が展開していきます

 

「え!?」というような意外な出来事が次々と起きて、ダイナミックで本当に面白い!

 

 

是非読んでみて下さい!

お勧めする理由を3つ書きましたが、僕としては面白さが伝わり切らなくて悔しいです! もっと上手い文章が書ければ...

 

とにかく良き小説です。是非!