森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

胆石性急性胆のう炎について

www.asahi.com

 

ひふみんが急性胆のう炎の手術をしたと聞いて、趣味で将棋を指す身、すこし心配しています。報道によると胆管性急性胆のう炎ということですが、この病気について詳しく知りたかったので調べました。

 

Q. 胆石性急性胆のう炎はどんな病気?

A.  胆のうの出入り口に胆石という「石」が詰まり、その後胆嚢に細菌が感染して炎症が起こってしまう病気

 

胆のうは肝臓の下にある臓器で、胆汁をためる働きがあります。この出入り口が胆石で詰まると、胆のう内で胆汁が停滞し、胆のう粘膜を傷つけます。さらに感染が起こると、それに反応して炎症が起こり、急性胆のう炎を発症します。

 

Q. どんな症状がでるの?

A. 熱が出て、食後などに右のお腹が痛くなることが多いです。吐き気がしたり吐いてしまったりすることもあります。

 

胆のうは右の肋骨の一番下、おへその右上あたりに位置していて、胆のうが炎症を起こすとここが痛みます。放っておくと全身の臓器がやられてしまい、命の危険があります。

 

Q. この病気は治るの?

A. 死亡率は1%未満です。多くの人が回復する病気です。

 

死亡率は1%未満であり、0.6%とする資料もあります。これを高いとみるか低いとみるかは微妙ですが、多くの人は助かるということです。

 

Q. どんな治療をするの?

A. 重症度によって違いますが、軽症であればお薬で治療し、そうでなければ手術で胆のうを取り除くことが必要です。

 

お医者さんが様々な状況を見て判断します。胆のうは無くても生きていける臓器ですから、手術する場合は取ってしまいます。手術後は胆嚢がなくなるために脂肪分の消化吸収が不安定になり、下痢を起こすことがあります。しかし、しばらくたつと体が順応して良くなることが多いようです。

 

以上です。何か異変を感じたらすぐにお医者さんに診てもらいましょう。

 

ひふみんにはゆっくり休んでもらって、また元気な姿を見たいですね!

広告を非表示にする