森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

ピロリ菌に関する情報まとめ

胃がんの原因の一つと言われるピロリ菌にまつわる話題です。

 

BIGLOBE(2017年6月26日)

 

news.biglobe.ne.jp

 

コメント

ピロリ菌は正式にはヘリコバクター・ピロリという。胃粘膜に住み、胃酸で死なず、胃がんを誘発すると言われている。恐ろしい菌だ。

 

 

ダイヤモンドオンライン

 

diamond.jp

 

コメント

一説によると感染者は3500万人ということであるが、年齢によっても感染率が違う。

現段階では、感染率は大体年齢に一致するという説もあるようだ。

ピロリ菌は抗生物質で除菌することができる。ただし除菌期間は禁酒だということだ。きつい...

 

 

日本経済新聞(2017年4月13日)

 

www.nikkei.com

 

コメント

こういった取り組みもあるようだ。この記事が千葉市の見解を解釈して言うには、親から幼児への口移しでピロリ菌が感染する場合が多いという。真偽のほどは...?

 

 

日本臨床検査薬協会

 

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎 | トピックス | 日本臨床検査薬協会

 

コメント

消化性潰瘍患者の除菌治療が成功すると、その再発率が減少したそうだ。有効性がうかがわれる。

 

一方、除菌に抗生剤が使われるため、薬剤耐性菌の問題も出ているようだ。この点については今後も注目していく必要があるだろう。

 

重要なのは、ヘリコバクター・ピロリを除菌しても胃がんの予防にはならない、という記述だ。

 

胃がん対策において、ヘリコバクター・ピロリ除菌は必要であるものの十分でないと解釈できそうだ。除菌を行った上で、胃がん検診も同時に行うことが必要である。

 

 

まとめ