森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

【はてな記法】TeX記法で数式を書く方法

はてなブログの編集方法に「はてな記法」があるのだが、これによって美しい数式を書くことができるらしい。

どれどれ

[tex: e^{i\pi}=-1]と記入


 e^{i\pi}=-1


おおおおおおおー綺麗な数式がぁぁぁ書けたぁぁ!

関係ないけど、書籍では数式1つ書くごとに読者が半減するらしい

ソースは不明だがこういう話があるから面白い。

これは書籍に関する話のようだが、ブログにも当てはまるとしたらどうだろうか。

33個の数式を書いた時、読者が理論上1人を切る

世界人口を70億人とする。


もし33個の数式を書いてしまった場合、70億を2で33回割ればいいから、

[tex:7000000000\times2^{-33}\fallingdotseq0.81]と入力!

7000000000\times2^{-33}\fallingdotseq0.81


何と1人を切ってしまう!


はい、どーでもいいね

はてな記法の数式はTexの文法に従う

数式を美しく書くためのTex(「テフ」と読む)というソフトがある。

はてな記法ではその文法が利用されているということだ。
(専門的にはmime TeX の文法を使っているらしいが、ようわからん!! そんなこと知らなくても、この記事読めば書けるようになる。)

付け焼刃で学んだ知識ではあるが、その入力方法を簡単に紹介しようと思う。

tex記法の入力方法

[tex:数式のコマンド] 

このように[]で囲って、上記のように入力するとコマンドの指示通りの数式が出力される。

コマンドの書き方

四則計算

四則計算の演算記号は以下の表のようなコマンドです。

コマンド + - \times \div =
出力 + - \times \div =

これらを使って実際に式を書いてみます。

例えば

[tex:1+1\times2+6\div2-1=5]

と入力すると

1+1\times2+6\div2-1=5

簡単ですね!!

指数、平方根(ルート)

次は指数計算です。

コマンド a^{n} \sqrt{a} \sqrt[n\]{a}
出力 a^{n} \sqrt{a} \sqrt[n]{a}

例えば

[tex:2^{5000兆円欲しい}\div\sqrt{30}\times\sqrt[10\]{3}]

と入力すれば

2^{5000兆円欲しい}\div\sqrt{30}\times\sqrt[10]{3}

こうなります。

余りの5000兆円欲しさに、レイアウトに問題が出ていますが...

分数
コマンド \frac{a+b}{c+d+e}
出力 \frac{a+b}{c+d+e}

余裕です。

[tex:\frac{1}{5000兆円}]

と入力すれば

\frac{1円^{2}}{5000兆円}

となります。

安い!(単位が\frac{1}{円}になっちゃたけど)

対数
コマンド \log{x} \log_{y}{x}
出力 \log{x} \log_{y}{x}

例は、いいですね(すんません、めんどくさいもので)

様々な等号、不等号、\pi(円周率)
コマンド \neq \fallingdotseq > < \geqq \leqq \pi
出力 \neq \fallingdotseq > < \geqq \leqq \pi

これも...例はよろしいですね!!

まとめ

疲れた。おわり!バイバイ!!
(不足があったらコメントしてください。書き足します。)

広告を非表示にする