森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

読書感想文におすすめの新書5選!!

新書を読んで読書感想文を書きなさい」という課題が出たけど、どうすればよいか分からないという人もいるんじゃないでしょうか?

 

そこで、読書感想文におすすめの新書5冊厳選しました!

 

選ぶときに気を付けたことは

  • 中学生や高校生が読んでも面白いと思えるような本を選んだ
  • 思想があまりにも偏っている本を避けた
  • 先生が「おっ!」と思うような本であることを心がけた

 

の2点です。

 

では早速Go!!

 

1.福岡伸一生物と無生物のあいだ

 

感動を味わうと思います

 

科学者が書いたとは到底思えないような名文に唸るばかり。

 

福岡伸一氏の詩的な感性科学的な思考力が一冊に凝縮されている。

 

生物とは何か? という問いに対して壮大な答えを残した傑作だ。

 

感想文には、この本を踏まえて、「あなたの考える生物像」を書けばよいのだ。

 

こちらの記事にも詳しく書いたので読んでいただきたい。

 

 

vagusnerve.hatenablog.com

 

 

2.内田樹『寝ながら学べる構造主義

 

 

世界の見え方が変わります。 

 

読む前の自分と全く違った自分になれる。それが自分が本を読むことで得られる最も素晴らしい効能です。

 

本当に寝ながら学ぶのは無理だが、タイトルのインパクトに劣らずとにかく分かりやすい。 

 

感想文には、読む前と読んだ後では、あなたの考え方がどう変わったかを書けばよい。

 

 

3.羽生善治『決断力』

 

 

紹介しているなかで、最も早く読めます

 

当然、読書感想文に時間を取られることがないので、余った時間を好きなことに使えるため、おすすめです

 

天才将棋棋士羽生善治さんのベストセラー。

 

「羽生さんレベルなら何十手先まで読めるんだろうな」 

 

と思いきや、羽生さんが次の一手を決める時、直感を大事にしているそうだ。

 

世の中、考えても考えても無駄なことは多い。だから直感をあなどるなかれ! 

 

感想文には、将来あなたが問題に直面したとき、どのように意思決定をするつもりかを書けばよい。

 

 

 

4.谷岡一郎『確率・統計であばくギャンブルのからくり』

 

数学の得意な人はもちろん、苦手な人も挑戦してほしい

 

すべてのギャンブル数学的現象であり、ツキ念力といったことには一切左右されない

 

読み終わったあなたは、巷にあふれる怪しいギャンブルのトンデモ本無駄なお金をつぎ込むことが無くなるだろう。

 

感想文には、そのトンデモ本がいかに間違っているかを書きなぐれば良いのである。

 

(ちなみに、唯一ブラックジャックだけが儲かるギャンブルなんだけど、その必勝法が載ってるよ!)

 

 

5.本川達『ゾウの時間 ネズミの時間

 

 

 生物学ってこんなに面白いの? と思わず叫んでしまった一冊。

 

からだのサイズが違うと、時間の流れ方が違う。ゾウとネズミを例にとれば、当然大違いになるのだ。

 

サイズの生物学。生き物はサイズ抜きにしては語れない

 

感想文には、読んだ後で生物学に対する印象がどう変わったかを書けばよい。

 

まとめ

本当はもっと紹介したい本があった。

 

しかし、5冊という制約をあえて自分に課すことで、厳選に厳選を重ねられたと思う。

 

これらすべての本は、宿題を片付けるという目的を果たすだけでなく、同時にあなたの教養レベルを上げることにも役に立つだろう。

 

ちなみに読書感想文について一つアドバイスをしておく。

 

本の要約をして感想を書くだけでは60点しか取れない。

 

満点を取るには、その本を読んだことで「どのように自分が変わったのか」「これから自分はどのように行動していくべきか」ということまで踏み込む必要がある。

 

本文中に感想文を書く上でのヒントを散りばめた

 

大いに参考にしてほしい。

 

以上。

 

森見ますお 2017/6/26

*1:文春新書