森見ますお百貨店

もりブログ

日本一の皮膚科医になってやろうという意識高いことを言っておきながら、うっすい記事を量産していくタイプのメモ帳的なブログです。

ネタが無いという名のネタ

(あれ)

 

 

 

(あれ、あれれれ?)

 

 

 

(おかしいですねぇ)

 

 

 

(もしかして、、、)

 

 

 

(書くことが思い浮かばない...?)

 

 

(はい、)

 

 

(そうです)

 

 

(書くことが思い浮かばないんです)

 

 

(一文字、二文字、三文字、こうやってこうして、、、)

 

 

(今のところ文字数は稼げていますがね)

 

 

(何も思い浮かんでいないのですよ)

 

 

(とにかく、書くことが無くなったのです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がばぁっっっ!

 

はぁっ!! 夢だったのか!

 

 

 

何の夢だったか、全く覚えていない

 

でも夢のことなんて、今さら思い出してもしょうがないよな

 

目の前にブログの編集画面があるけど、書くこと、特に用意していなかったわ...

 

おや、今恐ろしいことを、、、

 

なになに、書くことを用意していない?

 

書くことが無い

  

って、冷静に考えてやべぇよ...

 

おい、やべぇよ

 

兄ちゃん、やべぇよ

 

書くことが無いよ

 

兄ちゃん、俺、どうすればいいの?

 

ネタが無いブロガーなんて、ただのオタクだよ

 

やばいよ兄ちゃん...

 

助けてよ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

(ここより話者は兄ちゃん)

 

兄です。

 

読者の皆様、お気を付けください。

 

先ほどより弟が言っていることは、すべて虚偽です

 

と申しますか、むしろ「ネタが無い」「書くことが無い」と騒いでいるブロガーを見たら、それらの記述はすべて虚偽です。

 

 

www.hitode-festival.com

 

 

manato-kumagai.hatenablog.jp

 

これら紹介した記事の内容は「ネタが無くなった」と要約しても大きな問題は無いと思います。

 

 しかし、よく考えてみて下さい。

 

ブログの記事は「ネタ」が必要です。

 

確認ではありますが、ここでいう「ネタ」は、お笑い芸人がやるような面白いものだけではなく、単なる「話題」を指します。

 

ネタ=話題」があるからブログ記事を書くのです。

 

これは逆も成り立ちます。

 

ネタ」があってのブログ記事なら、ブログ記事は「ネタ」そのものなのです。

 

ブログ記事それ自体が「ネタ」なのです。

 

それなのに、「ネタが無い」というのは矛盾しているのです。

 

小学生でもわかります。

 

少年A「俺、話すことなくなったわwww」

 

少年B「え? お前、今しゃべったよね?ww 話すことないって言ったよね?ww」

 

少年C「うわぁーっ!! ウソついた~www先生に言っちゃおwww」

 

以上のとおりです。

 

ネタが無い」ことを声高に掲げながら一本記事を書き上げるなど、この上なく悪質ですね。

 

先生に訴えるレベルで悪質です。

 

ネタが無いならおとなしく何も書かずに寝ろ、とこういうわけです。

 

しかし、狡猾な世のブロガーは以下に示すような犯罪を犯してしまう。

 

ネタが無いけど、何とかして記事を書きたい。

 

→「ネタが無いことをネタにすれば記事が書けそうだ!

 

そして、実際には「ネタが無いというネタ」がありながらも、あたかも「ネタが無くてかわいそう」なことをアピールし、アクセス数を稼ごうとするのです。

 

大変悪質です。

 

先生だけじゃなくて、校長先生にもチクっちゃうレベルです。

 

 

 

 

 

 

えと、

 

これ以上書くことが無くなったので

 

 

じゃ、あの、、、

 

 

 

 

2017/6/18 森見ますお(ブーメラン世界チャンピオン)