森見ますお百貨店

森見ますお百貨店

学ぶ。心躍る

吉野家が神すぎる

f:id:vagusnerve:20170519161829p:plain

 

眼前に広がる肉

 

だしの素晴らしい香り

 

それは食欲という本能を目覚めさせる

 

何も考えられなくなり、機械のように目の前の牛と米をひたすら口に輸送する

 

牛丼、それは神が人類に与えた祝福

 

牛丼以上に神がかっている食べ物はない

 

 

友達に言ったら引かれた

おい森見、飯どうする?」

 

と聞かれたら、反射的に

 

吉野家!」

 

と答えていた時期があった。

 

最初は「おう! いいね!」とついてきてくれたけど、次第に

 

「お前、毎日吉野家吉野家って頭おかしくね?」

 

とか

 

「美味しいのはわかるけど、そこまでのもんじゃないだろ(笑)」

 

とか

 

「というか、最近お前老けた?」

 

とか、

最後のセリフを吐いた奴は抹消したとして、吉野家を崇め奉っていた僕にとって、とても悲しい反応をされるようになってしまった。

 

仕方ない。そういう意見もある。

 

でも一人でも多くの人に吉野家の良さを分かって欲しい。

 

吉野家愛する人が一人でも増えるだけで、僕はとてもうれしい。

 

だから今日は、僕の個人的な吉野家への信仰心はできるだけ排除しながら、吉野家の良さについて語っていこうと思う。

 

ということで、今から吉野家行ってきま~す!(17時30分現在)

 

入店!

f:id:vagusnerve:20170520020126j:plain

 

さあ、食べるぞー!

 

注文!

 

なになに?

 

新商品!!!

 

ねぎ塩豚丼

 

おいしそう...

 

牛丼を食べる予定だったけど、今日はこれに決まり!

 

f:id:vagusnerve:20170520020403j:plain

 

そして、オーダーをしてからストップウォッチのスイッチをオンにした。

 

は、は、早い!

そう、吉野家早いのだ。

 

注文してからねぎ塩豚丼が来るまで、なんと68秒!!!

 

科学的な話をすると、正直これは光の速度よりはやい。

 

光の速度は1秒間に30万キロ、つまり1秒に地球を7周半するが、どう考えても吉野家の牛丼の方がはやい。

 

もしアインシュタインが生きていたら驚きのあまり、舌を引っ込めてしまうだろう。

 

f:id:vagusnerve:20170520021242p:plain

 

もう一回言うが、注文から70秒であり、すなわち牛丼は光速より速いスピードで客のもとに来るのである。

 

うまい!!

f:id:vagusnerve:20170520021534j:plain

 

本当に美味しそうな塩ダレの香り。

 

輝く肉。新鮮なネギ。

 

これを我慢できる人はいるだろうか...

 

本能的に口の中に搔き込む。

 

この味だぁぁぁ!!!

 

気絶しそうなほどうまい。

 

塩ダレのうまみが最高で、ごはんがいくらあっても足りないくらいである。

 

安い!!!

並が450円。

 

新鮮なネギ・うまい塩ダレと、こんなに付加価値がついてこの値段だ。

 

しかも超うまい。

 

断言する

 

450円は安い

 

食べてみればわかる

 

というか、そもそも普段食べてる普通の牛丼380円だし。

 

ラーメン1杯分のお金で牛丼は2杯食べられる。

 

素晴らしいと思わない?

 

早い×うまい×安い=神

証明終わり。

 

2017/5/20 森見ますお

広告を非表示にする